Low-Code PlatformとDX/ITアーキテクチャの関係(チャネル編)

「データ」と「デジタル技術」を駆使して新たな価値を創出するDX推進において様々なITアーキテクチャがこれに利用される。またこれらのITアーキテクチャは時代とともに進化していく。では、Low-Code PlatformとこのITアーキテクチャの関係性を整理してみる。
今回はその中でも「チャネル」に焦点をあてる。

様々なチャネルに対応するLow-Code Platform

 Webブラウザにはじまりスマートフォンやタブレットといった様々なチャネルがDX推進におけるITアーキテクチャとして活用される。昨今ではチャットボットも人気のチャネルであろう。その他としてはスマートウォッチを代表とするデバイス機器やSMSも立派なITアーキテクチャのチャネルであろう。

 多くのLow-Code Platformでは、これらのチャネルに対応したアプリケーションを生成する仕組みを搭載している。以前であればWebアプリケーション専門のエンジニアだったりスマートフォンアプリケーション専門のエンジニアがそれぞれ担当していた開発スタイルも1つのLow-Code Platformで1名の技術者が様々なチャネルに対応したアプリケーションを開発可能となっている。もちろん、WebアプリケーションにはWebアプリケーションの、スマートフォンにはスマートフォンの専門知識だったり考慮すべき点といった押さえるべきポイントはあるだろう。しかしLow-Code Platformの登場で一昔前に比べたら様々なチャネルに対応したアプリケーションを素早く、容易に開発ができるようになった。そしてこれらの動きはLow-Code Platformの進化と加速していくだろう。

 私達はDX推進のためにやるべき多くの事があり、1つの技術要素に多くの習得時間を費やすほど暇ではない。そのような状況下でLow-Code Platformを利用して様々なチャネルに対応したアプリケーションを素早く、容易に開発してみては如何だろうか?


ローコード技術で構築された、業務テンプレートシリーズ「Flexible Business Ware」は業務のデジタル化を推進します。

👉Flexible Business Wareシリーズについてはこちらから


ブログトップへ